日立 衣類スチーマー CSI-RX2

まだまだ暑い日が続いていますが、仕事で着る制服やパンツはどうしてます。
日中外に出て仕事している営業さんとかは汗の量が半端ないと思います。
毎日洗濯できればいいのですが家で洗濯できないものもあると思います。消臭剤をスプレーするのも一つの手段だと思いますが・・・

スチームの力を借りませんか?
TVCMやTVショッピングでキッチンや浴室などでスチームクリーナーを使って掃除している場面を見たことが一度はあると思います。

衣類にもスチームが有効なんです。
シワのばしや、さらに、脱臭、除菌、花粉対策、ダニ対策に有効なんです。

この日立 衣類スチーマー CSI-RX2は小型アイロンとしても使える衣類スチーマーなんですが、衣類スチーマーの最大の特徴はスチームです。「速くスチームが出るようにすること」と「十分な量を供給する」ことです。
実は、この2つは矛盾した課題です。
速くスチームが出るようにするためには、水は少ない方が早いですが、少ない水だと、スチームの出が悪かったり、使えるのが短時間だったりします。

この日立 衣類スチーマー CSI-RX2はスチームの立ち上がりは、約30秒。スチーム量は約14ml/分。
タンクは70 ml、使用可能時間は5分です。
スチームでの衣類ケアは、ジャケットも、シャツも約1分。このため、ジャケット、パンツ、シャツの3点セットなら、スチーム放出時間は約3分。全部で5分もあれば OKです。

CSI-RX2は、旧型(CSI-RX1)に比較して、3つ改良されています。
1つは、スチーム量。
約10ml/分が、14ml/分になっています。

2つめは、アイロンの高、中、低に対応したこと。
アイロンのかけ面は、約180℃、160℃、120℃ですが、スチームは約170℃、約135℃、出ない、となっています。
いろいろな衣類に、本体が対応してくるわけですから、衣類ごとに距離を変えるなどの細かな調整は不要です。

3つめは、ワンプッシュで、1分間連続スチームをはき続けます。
スムーズに常に同じ状態で出てくれるのです。