キヤノン iNSPiC ZV-123

もうプリクラは必要ない?

以前に紹介したキャノンのフォトプリンターにカメラ機能がついて新登場です。
遊びで使うこともできるし、少し考え方を変えてビジネスの場面でも活躍しそうです。

写真をシールにできるので、気になったものや、雑誌の記事、新聞記事、街のなかの気になるものをカメラで撮影し、大学ノートやルーズリーフ式のノートにペタペタ貼ってアイデアのネタ帳的な使い方もいいのでは・・・
スマホで撮るのもいいけど、一覧で見るのは見にくいし、意外と探すのが大変で、インデクスを付けて整理すすればいいんだろうけど、ずぼらでアナログが好みの方なら、ノートをペラペラめくりながら探すのも楽しいかもしれません。
もちろんスマホで撮った写真もBluetooth経由で出力できるのでシールプリンターとしても使っても大丈夫。

このキヤノンは、インスタントフォトプリンター「iNSPiC」の新製品「ZV-123」は、カメラ機能(単焦点)を内蔵している。どこででも手軽に撮影した写真をフルカラー印刷できる。「iNSPiC」は、インクカートリッジ不要のZINKフォトペーパーを採用しており、どこででも手軽にフルカラー印刷を行えるのが特徴、カメラの解像度は、が800万画素。